So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

食器乾燥機ドライブース [模型グッズ]

スポンサードリンク




 今回も模型GOODズです!
CIMG3292.jpg
 塗装後の乾燥促進とホコリよけにドライブースです。
 模型用の純正品(?)ではGSIクレオスさんのMr.ドライブースがあり、いいなぁ欲しいなぁと思っていたのですが、なんせお値段が15,750円もするので高いなぁ…思っておりました。そこでまたもやネットの海をたゆたい、「模型 乾燥」とか「ドライブース 模型」「安い ドライブース」などと色々やっているうちに見つかりましたよ!

食器乾燥器 YD-180(LH)

食器乾燥器 YD-180(LH)

  • 出版社/メーカー: 山善
  • メディア: ホーム&キッチン


 とはいえ模型用ではなく、食器乾燥機なんですが。原理は同じ模様です。私はamazonで3,980円(税込み)でした。以前、農家の製作の際にも触れましたが、自然対流式のものです。自然対流式というのは一言で言うと「じんわ~り」乾かすものだと思っていただければ。最近の家電の食器乾燥機は90℃とかの熱風をぶぉ~っと噴きつけて、ドライヤーのようにぐわぁ~っと乾かす仕組みのようです。可能な限り調べてみたんですが、温風式というこの仕組みは模型的には温風の方がいいのでしょうが、90℃近い温度だとプラスティックが心配です。つーかだめでしょう。
 こちらの山善さんの食器乾燥機、蓋を開けるとこんな感じです。
CIMG3294.jpg
 でもって更にカバーを外すとこうなっております。
CIMG3295.jpg
 銀色のプレート部分が加熱されることで高温となり、カバー内が温まる感じです。中に手をかざすとどうでしょう、この季節朝晩は冷え込んで参りましたがじんわ~りやさしく暖かい感じです。部屋用の温度計を入れてみましたが、40℃位でしょうか(厳密には調べられておりません。すいません)。
 また、中に入れて1時間くらいしたパーツを触ってみると(ほんとはしてはいけないのでしょうか)暖かいです。熱くはありません(微妙なニュアンスですいません)。タイマーは2時間までのものがついています。 しかしながらご注意として、温度調節が出来ません。更にGSIクレオスさんにはついているといわれておるマイナスイオン発生装置はついていません。 しかしこれに限らずマイナスイオンがこの世で活躍しているところを私は目で見たことがありませんが。
 ついついGSIクレオスさんのものと比べてしまい、価格面で絶対山善さんの方がオススメっぽく書いてしまいそうですが、この山善のものの致命的な欠点は棚がないことです。GSIクレオスさんのものは棚板がついていて、3段くらいに設定できる模様です。
 つまりケース内の容積をどう有効活用するかは購入者が考えねばなりません。とはいえ、私は特にガンプラでは自作の持ち手を使い、その固定には猫の爪とぎダンボールを使っているので、そのままぶち込める高さはあります。
CIMG3292.jpg
 したがってまだ棚を自作しなきゃなぁ~と思ったことはないのですが、一度ミスを犯し、もしこのタイプを購入される場合は、保険としてやっておいたほうが良いことがあります。それは、もう一度ケースを開けた写真を見ていただきたいのですが、
CIMG3294.jpg
 底部のプラパーツのマス目がこのくらいの大きさです。万が一パーツを銀色発熱パネル部に落とした場合、いくらじんわりタイプとはいえ、パネル自体は高温ですのでパーツが溶けてしまうのです。すぐ取ってもアウトです。小さなパーツを乾燥させる際は何らかの対策を打っておいたほうがいいでしょう。私はステンレスの金網を敷くことにしました。
CIMG3296.jpg
 こちらをプラパーツの上に敷いておけば万が一パーツを落としても大丈夫です。
CIMG3297.jpg
 というわけで、私が買ったタイプのものをご紹介しました。瞬間的に乾くものではありませんが、
・暖かいところに置ける
・フードつきのところに置ける 
 という点では十分便利なものと思います。ご参考にしていただければ幸いです。
 欲を言えば、4~60℃位での温度調節が出来て、ホコリフィルターがありながら風量調節ができるものがあればなんですが、どこかで作ってくれないものでしょうかねぇ~w


 あとですね、買ってやってみた後に思いつきなのですが、底部に発熱するものを用意して火気に注意しながら外枠を組めば自作も不可能ではないかなとも思えます。自然対流式とは言いますが、原理自体は下に暖かいものを置いて上に行く空気で温めているだけですので。PS3とか…超高価だな…

 おまけ
CIMG3298.jpg
 あ~あったけぇ~


人気ブログランキングに参加しております。もし記事を面白いと思っていただけたのであれば、↓下記リンクボタンをクリックしていただけると嬉しいです!
banner2.gif人気ブログランキング




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

ほっと

金網を敷いて、その上からさらに爪とぎダンボールを乗せて使ってるんでしょうか?
by ほっと (2013-05-10 00:38) 

しょういちろう

>ほっとさん
こんにちは。めっきり更新していなかったのでお返事が遅れて申し訳ございません。
本来は下から暖かい空気が上がるので遮蔽物はない方がいいのですが、
パーツが多いので刺したままの爪研ぎ段ボールを置きっぱなしでやっております。

by しょういちろう (2013-05-14 15:41) 

ほっと

こんばんは。

早速amazon で購入してみました。
同じく、爪研ぎ段ボールも一緒に買っちゃいました(笑)

これは乾きが早くて重宝しそうです。それと少し気を付ければ
金網は使わなくても済みそうです。とても参考になりました。
ありがとうございました!
by ほっと (2013-05-15 20:56) 

しょういちろう

>ほっとさん
コメントありがとうございます。
買われましたか!「じんわ~りやさしく暖かい」を実感頂けるかと思います!

参考になったといっていただけて嬉しいです。
ほっとさんのよい模型ライフを祈願します!

by しょういちろう (2013-05-17 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

模型GOODズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。