So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座のこと [模型誌]

スポンサードリンク




 新年1発目の記事は模型本です。
 モデルグラフィック誌より昨年12月に発売された岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座を購入しました。
モナカキットガンプラ改造講座.jpg

岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座

岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 大型本


 「モナカキット」の呼び名は模型で中身がない箇所があることを指したりする例えで使われたりしているようですが、現在フレームなど中身もぎっしりのMGシリーズに対して、初代ガンプラシリーズにおけるキットを揶揄して、モデルグラフィックス誌が特集にて表現した言葉です。

 確かに最近のMGシリーズなどはフレーム構造が高度に再現されていて例えば脚部を切り詰めたり、幅を延長したりといった切った貼ったの改造が気軽に出来ないという側面を持っています。
 今回のこのムックは1/100旧キットグフを作例として部品の幅つめ、延長、パテ盛りといった改造によってガンプラを好みのスタイリングに改造するノウハウを伝授してくれる内容です。
 これらの技術はプロポーションの変更に際しての考え方や、各所のボリュームアップの際プラ板でやるのか、パテを盛るのか、といった様々な選択肢を効率よく作業するための考え方や実際の作業方法についてレクチャーしてくれるのでとても模型改造について参考になります。

 一体の模型を完成までここまでページ数を割いて詳しく解説してくれる例は恐らく模型本では初めてと言ってよいのではと思われ、その写真総数は500枚以上とのことです。あわせて岡プロのわかりやすい説明があるのでとても読みやすいです。
モナカキットガンプラ改造講座 (3).jpg

 写真も大きく順を追って掲載してくれているので非常にわかりやすく、自分にもできそうと思える構成となっています。

 がしかし、お値段が3,885円と高いのです。お値段の価値観は人それぞれによって違うと思うのですが、殊この本に関しては、元ネタである月刊モデルグラフィックス誌09年9月号の特集記事をベースに作られているのです。
モナカキットガンプラ改造講座 (2).jpg

こちらの本誌側では同様の作例を約27ページに渡って特集しています。
モナカキットガンプラ改造講座 (1).jpg
先ほどのものと比べると写真が結構小さいですね。ちなみに別冊ムックの方は約102ページです。

 確かにボリュームが違う分記事の濃度や写真充実度は別冊ムックに叶いませんが、記事のテーマである「モナカキットを改造して完成させる」という主旨では本誌の方でも十分に役立つと思われます。

 従ってモデルグラフィックス誌には怒られてしまうかもしれませんが、興味のある方はまずは本誌のバックナンバーを入手されてはいかがかと思います。amazonさんにはバックナンバーがある模様です。
 
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 09月号 [雑誌]

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2009/07/25
  • メディア: 雑誌


 でも正直言って心境的には複雑ですよね。安くて価値あるものを求めるのは消費者の本音ですが、こういったものが売れて作り手側の次につながるという考えも理解したいと思います。が、それにしても別冊としては高いなぁ…
 本音を言ってここまで高い別冊にするのであれば、もう一体作例とか、新規記事を充実した新たな価値が欲しかったと思います。しかしわかっていながら買ってしまったんですけどね。
CIMG4505.jpg
 この本が気になっていた方の参考になれば幸いです。

 最後に話はちょっとそれますが、私のような初代ガンプラブームの中年世代は、「いいなぁ~このテクニックを持って過去に戻ってグフ作ったら俺ヒーローになれたのに」とか素直に思ったりもするのですが、でも一方で82年3月号のホビージャパンに掲載された同作作例もすごくかっこいいんです。
モナカキットガンプラ改造講座 (4).jpg
モナカキットガンプラ改造講座 (5).jpg
なぜか中隊長マークのツノが無いのですが、作者はあの川口名人です。今回の岡プロの作例と見比べても遜色の無い素晴らしいプロポーションでの仕上がりです。いややはり川口名人は偉大ですね。


人気ブログランキングに参加しております。もし記事を面白いと思っていただけたのであれば、またお前よくそんな古いホビージャパン持ってたなと思ってくださった方は↓下記リンクボタンをクリックしていただけると嬉しいです!
クリックありがとうです!.gif


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

ケン

しょういちろうさん、おはようございます。

改造のマニュアル本ってあるのですね。初めて知りました。
私は改造はまだ、手をつけていないので、無縁かなって思って
いましたけど、ちょっと、気になりますね。

お値段も、結構するのですね。しょういちろうさんも、仰っていらっしゃいましたが、お値段の価値観、私も、そう思いました。

でも、よく、1982年のホビージャパンをお持ちでしたね。「太陽の牙ダグラム」でしたっけ?が表紙ですね。懐かしい。私もコレ昔作りましたよ。勿論、クリックしておきました。

模型の製作も、がんばってください!!

by ケン (2010-01-09 10:50) 

あびぴろ

83年。。。さすが、しょういちろうさん、物持ちがいい。

確かにMGはディテールが素晴らしいですが、内部フレームがある分、改造も手間がかかりますよね。素材もABSですし。

フレームのないMGクオリティのキットがあれば良いと思うのですが。改造の幅も広がるし、キットの価格も安くできるはず。
by あびぴろ (2010-01-09 21:31) 

Ulitzen

こんばんは~。

最近モデグラというか岡プログッズが出回るようになってきましたが・・・、正直どれも高くてとても買う気にはなりませんね。
1枚100円しない紙やすりを短冊切りしただけで400円(しかも1枚分ないと思われる)、ハッキリ言ってぼったくりといわれても仕方ないですね。って、ここで愚痴を言ってもしょうがないんですが。
なんか気持のよくないコメントですみません(__)
しかしHJ表紙のダグラム、懐かしいですね。中学生の頃作りました。まあ色は全部は買えなかったので、部分塗装(しかもはみ出しまくり)だった記憶がありますが^^;

by Ulitzen (2010-01-09 22:33) 

しょういちろう

>ケンさんへ
こんにちは!そうです!太陽の牙ダグラムです!主人公が半裸で頬のこけたヒロインという異色のキャラクターでしたがメカは今見てもカッコいいですよね。
また、クリックしていただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加させてもらっているのです!ありがとう!

>あびぴろさん
そうなんですよね。昨今のMGは改造を拒む方向というか、組み立てるアクションフィギュアに向かっているように見えます。でも先般発表された1/48ガンダムは明らかにその辺を意識して模索しているような感じがするので期待したいです。

>Ulitzenさんへ
私も岡プログッズの値段のことは同じように思っていました。
ちょっとやりすぎな感じがしますね。オリジナル関節色セットも何故か一本普通の白が入っていたり…
でもそのアイデアはすばらしいものがあるので、我々はいかに安くそれらをパクるかに注力しましょうw
by しょういちろう (2010-01-11 00:45) 

Fw-190

大昔から「モナカキット」という言い方はありましたよ。
飛行機プラモでエンジンが入ってない物を「これはモナカだね」
と称してみたり。
by Fw-190 (2010-03-15 14:28) 

しょういちろう

>Fw-190さんへ
はじめまして!コメントありがとうございます。
モナカキットの呼び名、そうでしたか。私の記事ではあたかもモデルグラフィックス誌が元祖のような表現をしてしまいました。失礼いたしました&ご指摘ありがとうございます。昔からあったんですね。習いまして本記事の方も修正させていただきます。

よくよく考えてみると普通のプラモは大抵モナカなんですよねw
それではまたよろしければ是非ともいらしてください!
ありがとうございました!
by しょういちろう (2010-03-16 00:18) 

お名前(必須)

この別冊の存在は知ったのですが、モデグラ本誌も持っていて購入を迷っていたのでとても参考になりました!ありがとうございます!
by お名前(必須) (2014-10-31 00:31) 

しょういちろう

お名前(必須)さん
コメントありがとうございます!
古いエントリーでしたがお役に立てたのであればとても嬉しいです。
この記事の後多くの本が出ていて割と買っているつもりなのですが、またなにかご紹介できればと思っています。
改造うまくいくことを願っています!
by しょういちろう (2014-11-01 02:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
模型GOODズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。