So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

MSV 1/144 ザク・デザートタイプ ジオラマのこと 7 不思議な砂 [MSV 1/144 ザク・デザートタイプ]

スポンサードリンク




遂にキットとボックスの製作が完了したわけですが、今回ボックスからベースを取り外しできるようにしたことで悩んでいたことがありました。それは取り外しの利便性を含めてベースの砂漠をどう表現するか、です。

当初は壁補修材や紙粘土あたりを使用して、透明プラ板の底辺分のアタリをとって溝を作ればいいか、と思っていました。しかしこれですとなんか隙間ができたりしないだろうか、また過去に経験があったのですが水気を持つ紙粘土などは乾燥したらベースの板ごと反り返らせる力があるので、出し入れに支障をきたさないだろうか、という不安があったのです。

「あ~あなんか自由自在に形を調整できる便利な砂なんてないもんかねぇ~」などと思っていたらなんと、何の気なしに買い物していたらこんなものを見つけました。


キネティックサンド 2LB(910g)

キネティックサンド 2LB(910g)

  • 出版社/メーカー: ㈱ラングスジャパン
  • メディア: おもちゃ&ホビー

見つけた時はびびりました。なんとも不思議な砂なんです!子供用のいわゆるおもちゃなのですがその特性は口で言っても難しいので、下記のリンクから映像をぜひ見ていただければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=C1alCdV2jFw

 粒の大きさと色に懸念がありましたが実際に試してみると思った以上に違和感がありません。これ単独で砂煙や大きな立体造形はさすがに無理ですが、砂漠の地面としての表現には申し分ないです。これを盛り付けて納得がいくまでいじることができます。硬化すると自由度が低下するプロセスと異なりとんでもない自由度があるといえるでしょう。

 デザートザク砂漠表現1.jpg

 適当に盛り付けて・・・

デザートザク砂漠表現4.jpg

自作したスタンプで押し付けることによって固定させたり、

デザートザク砂漠表現3.jpg 

足りないところは盛り付けたり(タミヤの調色スティック)、

デザートザク砂漠表現5.jpg

ボックスアートに描かれている地面のヒビ割れ表現も好きなだけ試せます(これまた調色スティック)

デザートザク砂漠表現7.jpg 

 懸念のボックスとの境界線もスタンプすることで目立たなくできました。

いやこれ久々に模型GOODズにふさわしいマテリアルです。キネティックサンドは検索しても模型やジオラマに使われている方はまだいないようなのでいいもん見つけた感があります。

これですべての工程が終わりました。  

模型・プラモデル ブログランキングへ


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ぽ村

ほほーコレは何とも不思議な粘土・・・

料理のスポンジみたいな感じ?

気長に修正できたりするんのはまとまった時間が取れないモデラー的に魅力ですねぇ


ん??
って事はこのジオラマ、砂漠部分が硬化してない?
by ぽ村 (2014-07-23 21:15) 

しょういちろう

ぽ村さん
コメントとナイスありがとうございます!
不思議な粘土というよりやはり砂なんですね。
イメージとしてはべたつかない湿気た砂糖とでもいう感じでしょうか。ぎゅっと握れば一時固くなるのですがもわぁ~んと崩れていく感じなのです。せっかく手に入れた地位と名誉が幻で手のひらからこぼれていく感じとでも言いましょうかw
したがって粘土として立体的な形を作り固定することは不可能なんですね。
そしておっしゃるとおり砂漠部分は固まっていないのです。
地面としてぎりぎりで形をキープしている感じです
う~んうまく伝えきれなくてすいません。
昔流行ったスライムの対極にあるものかと。もっとわからなくしてしまってすいませんw

by しょういちろう (2014-07-23 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
模型GOODズ