So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

窓枠塗装のこと2 [タミヤ 1/24カウンタックLP400]

スポンサードリンク




 窓枠塗装で汚くなってきたと書きました。どういう感じかというとこんな状況です。

IMG_1437.jpg

前回の記事では写真の解像度がよろしくなかったのでわかりにくかったと思います。

 こういう人様に見ていただく時、なるべくよく出来たベストに近いものをお見せしたい、という心理があるものですが、上手くいっていないものを晒してなんらかのご参考にしていただければとも思ったりするわけです。

 上の写真では正面の窓枠をエナメルのフラットブラックを筆塗りしたものです。なんかがびがびしていますね。
 特に上下と向かって左側がひどい感じです。ということでアップにしてみましょう。

IMG_1438.jpg 

・ラインがくっきり出ていない
・綺麗に拭き取りきれていない箇所が多い

 今回はマスキングと筆塗りで行っているのですが、そもそも細いので筆ムラはあまり気にならないとは思っています。
 が、やはり致命的なのはラインがくっきりしたいないことで、どうにもこうにもしまりがない感じですね。

 塗装と拭き取りをがんばって繰り返すしかないかな、と思っています。
 マスキングしてエアブラシ塗装する、という王道を怠ったのもあるのですが、マスキングエアブラシもおそらく吹きこぼしなどがあってタッチアップが必要と間違いなくなるでしょう。これを考慮するとこのくらいの細さは本塗装でありながらタッチアップと作業量は変わらないのではないかと思われます。

 こういうときいつも思うのですが、自分にとって上手くいっていない箇所が気になりすぎて作業自体を放棄してしまう、ということがよくあります。今まさにそんな感じ。

 模型作りにおいて、妥協とこだわりのバランスがうまくいかないと、最も良くない「完成できない」という事態に陥ります。それは避けたいなぁ。もう少し拭き取りと筆塗装の工程を繰り返してみてみようかと思います。うじうじしたり投げ出したりするより、出来るだけ手を動かす事のほうを大事としたいです。


模型・プラモデルランキングへ


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

Ulitzen

おつかれさまで~す。

おおーっ、赤いグロス塗装が眩しい!
グロス塗装は自分はやらないんで(今のところガンプラオンリーだし)、結構記事楽しみにしてます。
あっ、今回は、グロスの部分じゃなくエナメルですね。
タミヤのエナメルシンナーはふき取りパワーは今一つですよねえ。まあプラには比較的優しいですんが。
ということで、ペトロールにで拭いてみるってのはどうでしょう?
ちなみにうちでつかってるのはクサカベさんとこの奴です。
もちろんよく落ちるということはプラには優しくない気がしますのでその点は要注意です。

って、もう使ってたらごめんなさい。



by Ulitzen (2015-07-05 14:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
模型GOODズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。